2010年08月19日

愛犬との信頼関係

これまでもブログに何度か登場している愛犬チョビ、わが家にきて3年が過ぎました。
歳もちょうど3歳をすぎ、飼い始めた当初は3歳にもなればずいぶんと落ち着いてくるのではないかと思っていた予想は見事に裏切られていますあせあせ(飛び散る汗)

いまだにお客さんがくると大興奮してお客さんに飛びついて「遊ぼうるんるん遊ぼうるんるん」をするし、お散歩中にお友達に会えばこれまた大興奮でしつこいくらいに「ご挨拶」ダッシュ(走り出すさま)

しつけトレーニングのプライベートレッスンを受けたりもし、そのときはある程度までにはコマンドが入るものの、レッスンが終わると飼い主側がついつい怠けてしまって、元の木阿弥に逆戻りてしまったり、なかなか愛犬との確固たる信頼関係が築けずにいる状態です。

そうこうしているうちに娘が生まれ、なかなかチョビの相手がこれまでのようにできなくなってしまい、大好きな水遊びなども今年はなかなか行けませんあせあせ(飛び散る汗)
昨年はウォーターワーク(水難救助犬の訓練を取り入れたトレーニング)にも精を出していたのですが、今年はそれもままならず、ちょっとかわいそうな状態に・・・

p9278701.jpg
昨年出場したウォーターワーク西湖大会でのチョビ

でも、その辺りの事情(赤ちゃんが生まれてなかなかチョビに手がかけられずにいる状況)はチョビもなんとなく理解できているのか、駄々をこねたり、言うことを聞かなくなったりといった問題行動には現れていないので、それなりに信頼関係ができていたのかなぁとも思われ、少しほっとしています。

ベネッセの『いぬのきもち』では、しつけに関する情報やワンコとの生活に役立つ情報が満載なので、私も時々参考にしています。

いぬのきもち・ねこのきもち

とにもかくにも、しつけにも愛犬との日々の生活にも一番大事なことは信頼関係作りだと思います。
単なる服従ではなく、信頼の上に成り立つ上下関係がきちんとできていることこそが犬にとっても人間にとっても快適な生活をもたらすのではないかと思う今日この頃です。

リンクシェア レビュー アフィリエイト
posted by スノー at 15:28| Comment(0) | ガーデニング・ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。